生活家電

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較!型落ちでも機能充分?


ハイセンスジャパンキャスター付きスポットエアコンHPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較しました。型落ちでも機能充分か調査しましたよ♪

HPAC-22Eは2022年4月発売の新モデル、
HPAC-22Dは2021年6月発売の旧モデルです。

違いは以下の2つです。
・排熱ダクトを取り付ける時の対応している窓の高さ

・型落ちになるため旧型のHPAC-22Dのほうが安い

 

新モデルHPAC-22Eがおすすめなのは
・最新モデルがいい
・窓の高さが150cmを少し超えてしまう方です。

旧モデルHPAC-22Dがおすすめなのは、
・気性能が同じなら安く買いたい
・型落ちでも気にしない方です。

 

新モデルHPAC-22Eは新しく、旧モデルHPAC-22Dは安いかわりに年数が経っています。

HPAC-22EとHPAC-22D両モデルが有している共通の特徴は

・エアコンの取り付けができない部屋にも設置できる

・コンパクトで移動が簡単

・環境にやさしい

・小さいけど冷房はパワフル

・ノンドレン方式でお手入れが楽

といった5つの共通点があります。

 

特にスポットエアコンを買う大きな理由となるのが「工事不要」と「ノンドレン方式」ではないでしょうか。

 

「ノンドレン方式」とは稼働時に発生した水を部屋の外に捨てず、中で蒸発させる仕組みのことです。どうしてもエアコンを設置できない場所や、一時的に冷房が必要な場所では、1台あるだけでとても心強いアイテムです。

 

コンパクトですが冷房能力も高くタイマーも搭載されていてエアコンとしての機能が一通り揃っています。

広すぎる部屋でなければ、十分スポットエアコンでも間に合いますね!

 

新モデルHPAC-22Eは、製造から時間が経過しているので、型落ち品が気になる人にオススメです^^

旧モデルHPAC-22Dは1年ほど古い製品にはなりますが性能はほぼ同じです、それでも新商品よりは値段が下がるため、少しでも安く買いたい方にオススメです!


本文ではHPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較し、型落ちでも機能充分かより詳しく調査いたしましたのでぜひ参考にしてくださいね!

▼対応している窓が高くなったHPAC-22Eはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

▼上位モデルより約10000円安いHPAC-22Dはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

▼新モデルHPAC-22Eの口コミや評価レビューについてまとめました。電気代や音はうるさい?についてもご紹介しているのでご参考ください。

ハイセンスジャパンキャスター付きスポットエアコンHPAC-22Eの口コミや評価レビューについてまとめました。電気代や音はうるさい?についてもご紹介いたします♪
ハイセンスHPAC-22Eの口コミ評価レビュー!電気代や音はうるさい? ハイセンスジャパンキャスター付きスポットエアコンHPAC-22Eの口コミや評価レビューについてまとめました。電気代や音はうるさい?に...

 

 

KC-P50とKC-N50の違いを比較

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いについてご紹介します。

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いは以下の2つです。

・対応する窓の高さの違い

・価格の違い

です。

ひとつずつご説明しますね。

対応する窓の高さの違い

排気ダクトを出しておくための窓の高さが、2022年新発売のHPAC-22Eでは154センチまで対応となりました。

新型と旧型の対応窓寸法の比較はこの通りです。

HPAC-22E(2022年発売) 最大60〜154cm
HPAC-22D(2021年発売) 最大60〜150cm

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いは、わずか4cm高く窓に対応しているだけなんです。

どちらの型番も、対応する高さ以上の窓には別売部品の延長窓パネルセットが必要です。

延長窓パネルセットを付けることで、最大190cmの高さまで対応できるようになります。

価格の違い

旧モデルHPAC-22Dは販売店により違いがあり、さらに店舗ごとでも価格が変動していますが、おおよそ30000円~40000円となります。

新モデルHPAC-22Eは43000円前後での発売となるようです。

尚、価格は変動しますので、クリックしてご確認くださいね!

 

▼対応している窓が高くなったHPAC-22Eはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

▼上位モデルより約10000円安いHPAC-22Dはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

HPAC-22EとHPAC-22Dどっちがおすすめ?

HPAC-22EとHPAC-22Dのどちらのモデルが、どのような方におすすめかをまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね♪

HPAC-22Eがオススメの方

旧モデルHPAC-22Dとの違いは対応している窓の高さと価格の違いでした。

デザインは同じで性能も同じにはなりますが、最新モデルなので製造が新しくなりますよ^^

そんな新モデルHPAC-22Eがオススメなのは

・最新モデルがいい
・窓の高さが150cmを少し超えてしまう方です。

 

旧モデルの商品のは、販売から時間が経っているので、性能が同じでも製造から時間がたっていることもあります。

そのため、少し値段が上がっても機械自体が新しい方が良い!という方には新モデルHPAC-22Eがオススメです♪

▼対応している窓が高くなったHPAC-22Eはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

▼新モデルHPAC-22Eの口コミや評価レビューについてまとめました。電気代や音はうるさい?についてもご紹介しているのでご参考ください。

ハイセンスジャパンキャスター付きスポットエアコンHPAC-22Eの口コミや評価レビューについてまとめました。電気代や音はうるさい?についてもご紹介いたします♪
ハイセンスHPAC-22Eの口コミ評価レビュー!電気代や音はうるさい? ハイセンスジャパンキャスター付きスポットエアコンHPAC-22Eの口コミや評価レビューについてまとめました。電気代や音はうるさい?に...

HPAC-22Dがオススメの方

旧モデルの製品ですが、対応している窓の高さが少し低くなるだけで、市場価格は新モデルよりも安くなりまよ♪

 

そんな旧モデルがオススメなのは

・性能が同じなら安く買いたい
・型落ちでも気にしない方

です。

 

旧モデルHPAC-22Dは販売から時間が経ってしまっていますが、新モデルHPAC-22Eと同じ性能を持っているにもかかわらず、旧モデルHPAC-22Dの方がお手頃価格になっています。

時間が経っているとはいえ発売日は

旧モデルHPAC-22D 2021年6月
新モデルHPAC-22E 2022年4月

 

約1年未満の差であまり差はありませんね。

性能もほとんど同じなため、少しでも安いほうが良い方にはオススメです!

 

▼上位モデルより約10000円安いHPAC-22Dはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

 

HPAC-22EとHPAC-22Dの共通点

HPAC-22EとHPAC-22D共通点は

・エアコンの取り付けができない部屋にも設置できる

・コンパクトで移動が簡単

・環境にやさしい

・小さいけど冷房はパワフル

・ノンドレン方式でお手入れが楽

です。


詳しくご説明しますね♪

エアコンの取り付けができない部屋にも設置できる

設置が簡単なのはスポットエアコンの最大の特徴ですね。

 

大掛かりな工事は不要ですが、スポットクーラーは通常のエアコンと同じように、稼働中に発生する熱を外に出しながら、お部屋に冷たい空気を出す仕組みになっています。そのため、本格的に部屋を冷やすには排熱ダクトと窓パネルを設置し、熱を外に出す必要があります。

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較!型落ちでも機能充分?

 

取り付け自体は難しくないので、エアコンの通気口が無い部屋でも業者に依頼せず簡単に設置できます。買ったその日からすぐに使えますよ♪

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較!型落ちでも機能充分?

 

参考までに設置の様子をこちらの動画で確認できます。

普通のエアコンだと、1度取り付けたら再びお金も時間もかけて業者さんに依頼しないと動かせないですよね。

スポットエアコンは通常のエアコンと違って簡単に移動できるところも魅力的です

 

部屋の構造上どうしてもエアコンが設置できなかったり、賃貸住宅で契約上設置できなかったり、その他にも短期の賃貸住宅で工事をしてまでエアコンを設置するのが微妙な場合は活躍してくれますね♪

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較!型落ちでも機能充分?

 

作業場や子供部屋にも設置でき、必要のない時には収納できるので邪魔になりません。

 

コンパクトで移動が簡単

本体の重量は21.5kgとなっています。

コンパクトではありますが、やはり本格的な仕組みで部屋を冷やしてくれるエアコンなので、軽くはありません。

20kgはどの程度かというと、普段買うお米が分かりやすいかもしれません。

 

お米を買う時に10kgや20kgのものを買う時があると思いますが、20kgは女性にはなかなかの重さですよね。通常女性だと10~15kg、男性でなんとか25kgが持てる範囲です。

 

しかし、移動が楽なキャスターが付いていますので、階段などを使う移動でなければ問題なさそうですね!^^

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較!型落ちでも機能充分?

 

さらに2人であれば運ぶことはできるので、やはり通常のエアコンよりは格段に使いやすいですね。

環境にやさしい

ハイセンスHPAC-22EとHPAC-22Dは冷媒R32を採用しています。

あまり専門的な仕組みや歴史を省略して簡単に説明しますね。

 

ガスによって地球温暖化に与える影響を数値化したものが「地球温暖化係数」と呼ばれています。この数値は低ければ低いほど良いとされています。

 

ハイセンスHPAC-22Eの口コミ評価レビュー!電気代や音はうるさい?

 

これまではR410Aと呼ばれる「地球温暖化係数」が2090のものが良く使われていました。しかし新製品であるHPAC-22EとHPAC-22Dには冷媒R32という「地球温暖化係数」が675の、環境への影響が約1/3の冷媒が採用されています。

 

古いエアコンを使っている方には、環境のために買い替えてみるのもよいかもしれません。

 

小さいけど冷房はパワフル

冷房能力は2.0/2.2kW(50/60Hz)

部屋の構造や状況によっても大きく変わりますが、冷房能力の目安は

~2.2kW 6畳
~3.6kW 12畳
5.0kW 16畳

 

移動ができるコンパクトタイプにもかかわらず、6畳の部屋の広さが適している2.2kWの冷房能力をもっています。

 

子供部屋や作業部屋などのスポット使いには困らない能力ですね。

 

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較!型落ちでも機能充分?

 

スポットエアコンは文字通りスポット使いをする人が多いと思います。

 

冷房能力は高すぎても電気代が多くかかってしまいます。これくらいの冷房能力なら1日つけっぱなしにしても電気代は約400円ほどでコストパフォーマンスがよい冷房能力かもしれませんね。

 

ノンドレン方式でお手入れが楽

「ノンドレン方式」とは排水の手間を減らすために作られた仕組みのことです。

 

通常のスポットエアコンは、部屋を冷却している時に除湿水が発生するため、ある程度の使用時間ごとに溜まったみ水を外に出すか、ホースを取り付けて排水する必要があります。しかし、ノンドレン方式では発生した除湿水をエアコンの内部で蒸発させます。

 

排水のために別のスペースやホースを用意しなくても使用できるので便利ですね。

注意点として、湿度が高い場所で使用する場合には除湿水がたくさん溜まりますので、本体背部からホースを取り付けて排水するほうがよいでしょう。

 

その他の機能

HPAC-22EとHPAC-22Dには夜でも見やすいバックライト付きリモコンが搭載されています。

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較!型落ちでも機能充分?

HPAC-22EとHPAC-22Dのどちらもリモコンから3つのモードが操作できます。

 

①おやすみモードは風量弱で運転してくれます。

8時間経過後に自動で運転を停止してくれるので、睡眠時にボタン一つで丁度良い時間でタイマーと温度が設定できます。

 

②パワフルモードは風量強ですぐに部屋の温度を下げたい時に使えます。

冷風運転で設定温度が温度16℃なので、部屋に入ってすぐに冷やしたい時はボタン一つで瞬間冷却してくれます。

 

③スマートモードは他機種でいうところの自動運転モードになります。

室内の状況に合わせて「冷風運転」「除湿運転」「送風運転」から自動で部屋に最適なモードを選択して、室内を快適に保ちます。

 

 

機能の違いと共通点のまとめ

・違い

新型HPAC-22E 旧型HPAC-22D
発売日 2022年4月 2021年6月
対応窓寸法 60〜154cm 60 〜150cm
価格 43000円ほど 30000~40000円

 

 

・共通点

HPAC-22E/HPAC-22D
ノンドレン方式 搭載
キャスター付き あり
運転モード おやすみ/パワフル/スマートモード
サイズ 幅30cm×奥行33cm×高さ67cm
重さ 21.5kg
冷風能力(kW) 2.0/2.2
消費電力(kW) 0.62/0.72

 

▼コンパクトなのにパワフルな冷房能力をもったHPAC-22Eはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

▼上位モデルより約10000円安いHPAC-22Dはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

HPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較のまとめ

ハイセンスジャパンキャスター付きスポットエアコンHPAC-22EとHPAC-22Dの違いを比較しました。

 

HPAC-22Eは2022年4月発売の新モデル、

HPAC-22Dは2021年6月発売の旧モデルです。

 

違いは以下の2つです。
・排熱ダクトを取り付ける時の対応している窓の高さ

・型落ちになるため旧型のHPAC-22Dのほうが安い

 

新モデルHPAC-22Eがおすすめなのは
・最新モデルがいい
・窓の高さが150cmを少し超えてしまう方です。

 

旧モデルHPAC-22Dがおすすめなのは、
・気性能が同じなら安く買いたい
・型落ちでも気にしない方です。

 

新モデルHPAC-22Eは新しく、旧モデルHPAC-22Dは安いかわりに年数が経っています。

HPAC-22EとHPAC-22D両モデルが有している共通の特徴は

・エアコンの取り付けができない部屋にも設置できる

・コンパクトで移動が簡単

・環境にやさしい

・小さいけど冷房はパワフル

・ノンドレン方式でお手入れが楽

といった5つの共通点があります。

 

特に「工事不要で、買ったその日に簡単取り付け」できることが、スポットエアコンを買う大きな理由になりますよね^^

 

コンパクトですが冷房能力も高くタイマーも搭載されていてエアコンとしての機能が一通り揃っています。

 

6畳ほどの広すぎる部屋でなければ過剰な性能で電気代を無駄にせず、スポットエアコンで暑い季節を乗り越えられそうです♪

 

以上のことから

新モデルHPAC-22Eは、製造から時間が経過しているので、型落ち品が気になる人にオススメです^^

 

旧モデルHPAC-22Dは1年ほど古い製品にはなりますが性能はほぼ同じです、それでも新商品よりは値段が下がるため、少しでも安く買いたい方にオススメですよ。

 

▼設置がしやすく移動も簡単、新型モデルのHPAC-22Eはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

▼上位モデルより約10000円安いHPAC-22Dはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

 

【必見】HPAC-22EとHPAC-22Dをより安く買う方法

Amazonチャージをご存知ですか?

Amazonチャージでアカウントにチャージしてからお買い物をすると、よりお得に買うことができますよ♪

コンビニ・ネットバンキング・ATMで、現金チャージするとポイントが貯まります。

例えばプライム会員の場合、40000円チャージすると800円分のポイントが付与されますよ♪


Amazonでお買い物するなら、ぜひご活用くださいね!

手順も簡単です。

①「チャージする」ボタンをクリックして注文する。

②注文後配信されたメールに記載の手順で、コンビニ・ネットバンキング・ATMから現金チャージする。

これだけでOKです!

→お得に買い物できるAmazonチャージを詳しくみてみる【Amazon公式ページ】

【必見】楽天でHPAC-22EとHPAC-22Dをより安く買う方法

楽天カードを新規に作成してお買い物をすると、 よりお得に買うことができます。

新規作成で楽天ポイントが5000-8000ポイント(1ポイント=1円)もらえるので、
実質5000円引きで購入できるんです。年会費も無料ですよ♪

楽天カードのポイント還元率は1%ですが、楽天市場で楽天カードを使って買い物するといつでも+2倍になります。(100円で3ポイントもらえます)
→詳細は楽天市場SPUページでご確認いただけます。

溜まったポイントは、街のドラッグストアやコンビニなどでも利用できますよ♪

電子マネー「楽天Edy」が付帯していたり、スマホのコード決済サービス「楽天ペイ」と連携できたり、楽天市場以外の街の加盟店でも利用しやすいので、1枚持っていれば生活のさまざまなシーンで役立つカードです。

▼詳細はこちらの楽天カードページからご覧ください。


▼設置がしやすく移動も簡単、新型モデルのHPAC-22Eはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

▼上位モデルより約10000円安いHPAC-22Dはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

▼新モデルHPAC-22Eの口コミや評価レビューについてまとめました。電気代や音はうるさい?についてもご紹介しているのでご参考ください。

ハイセンスジャパンキャスター付きスポットエアコンHPAC-22Eの口コミや評価レビューについてまとめました。電気代や音はうるさい?についてもご紹介いたします♪
ハイセンスHPAC-22Eの口コミ評価レビュー!電気代や音はうるさい? ハイセンスジャパンキャスター付きスポットエアコンHPAC-22Eの口コミや評価レビューについてまとめました。電気代や音はうるさい?に...